緑内障の症状について

レーシック手術後に緑内障の手術を考えている人はいませんか?レーシック手術が先か、緑内障の手術が先なのか迷うところです。まずはその前に、緑内障について調べてみました。

最近視界が狭く見えづらい。目が疲れて頭痛などを感じている人は要注意です。特に40代以上の人は気をつけた方が良いようです。成人に多い緑内障は、目の中の栄養素である房水の異常が原因で起こる目の病気です。
房水が上手に排水しないために眼圧が高くなり、そのまま放っておくと危険な状態になることもあります。緑内障は眼圧が高くなり視神経の損傷により視野が狭くなったりするものです。

目になんらかの症状を抱えている人は、早急に眼科で眼底検査や眼圧検査などを受けるのが良いでしょう。何事も早期発見が早期完治に結びつきます。

緑内障には慢性の緑内障と急性の緑内障があります。慢性の緑内障は5年から10年をかけてゆっくりと症状が進行しますが、急性の緑内障は急激な頭痛や目の痛み、嘔吐の症状が現れます。

遺伝的要因もありますが、パソコンなどを長時間うつむき加減で作業をするのも原因の1つと言われています。親族に緑内障を患った人がいる場合には、特に注意をしたほうが良さそうです。

また近視の人は緑内障にかかる率も高いようです。緑内障の治療法では、眼圧を下げる点眼薬や内服薬のほかに症状にもよりますが点滴治療もあります。

場合によっては房水の通り道を作るために手術をすることも考えられるでしょう。近視の人が一番興味あるのが、今話題のレーシック手術ではないでしょうか。

レーシックと緑内障手術、両方受けても大丈夫?

レーシック手術後に緑内障や白内障の手術を受けることができません。ほかの目の病気を持っている人もレーシック手術は受けられませんので注意しましょう。

そのほか、角膜の厚さが不十分な人も受けられません。レーシック手術が受けられるのかどうかは、最初に行う検査をすることで分ります。レーシック手術は眼鏡やコンタクトレンズを使用するのに不便さを感じている人には最適の手術と言えます。

手術費用は20万円から50万円くらい予算を見ておきましょう。ただ注意したいのは、手術をした人が必ずしも2.0の視力に回復するわけではありません。

また老眼の人がレーシックを受けても老眼が治るわけではありません。レーシック手術後、ドライアイの症状が出やすくなるとも言われています。

また、その人の生活環境にもよりますが、テレビや本を近くで見ることにより再び近視になることも考えられますので注意が必要です。レーザーを照射する手術ですから不安もあるでしょう。

まずは術後にどれくらいの視力に戻るのかなどの疑問を丁寧に説明してくれる眼科医に出会うことが大切です。

レーシックメモ

レーシック福岡の眼科ランキングサイト《人気病院の評判マップ付き》
福岡でレーシック手術を行なっている人気眼科クリニックのランキングサイト。人気の病院の評判マップ付きであなたの希望に合ったレーシック病院を探す事が出来ます。 つけ麺津気屋@ラーメンお試しセット【初回限定!送料無料で1600円】
つきや
高齢者の頻尿は放っておいても勝手に改善されることはほぼありえません。泌尿器科に受診するか頻尿際策サプリなどで積極的に改善していきましょう
頻尿
群馬県で廃車にすると管轄の自動車税事務所から還付を受ける事ができます。廃車手続きや還付手続きなどの面倒な手続きはこちらのサイトの買い取り業者さんが代行してくれます。
車買取 群馬